車中泊できる30万円以下の中古車10選!後悔しない車選びとは?

スポンサーリンク
車中泊に最適な車車中泊

車中泊をしてみたい!まずは車選びだけどどれが良いのか分からない・・。

そんなあなたに、30万円以下で手に入る超低価格な車中泊に適した中古車をご紹介します。
車の購入費を抑えて手軽に車中泊を楽しみましょう。

スポンサーリンク

中古車30万以下で買える車中泊向けの車

1人の車中泊だけでなく、2人でもスペースの確保もできて、十分楽しむことができる中古車を車中泊歴10年以上の私が独自目線で探してみました。

なんと破格な30万円以下で買える車でフルフラット、2人でゆったり寝ることができる中古車をご紹介していきます。
これから車中泊用の車を中古車で考えている方は必見です。

1.ダイハツアトレー

Twitter / ?

ダイハツアトレーは、1981年より販売されている箱型タイプの軽自動車です。
乗車定員は4名ですが、箱型タイプなので十分な室内空間があります。

ダイハツアトレーで車中泊を楽しんでいる方の多くは、後部座席部分をフルフラットにして収納やベッドをDIYで設置しています。

2019年4月に中古車検索サイトで調べたところ、30万円以下のアトレーは297台でした。

ダイハツアトレーの中古車例

年式2005年
走行距離65,000km
排気量660cc
車両価格30万円
その他ターボ付
禁煙
HID
エアロ
キーレス

2.スズキエブリイ

スズキエブリイワゴンは、1982年より販売されている箱型タイプの軽自動車です。
乗車定員は4名ですが、箱型タイプなので十分な室内空間があります。

スズキエブリイワゴンで車中泊を楽しんでいる方の多くは、こちらも後部座席部分をフルフラットにして収納やベッドをDIYで設置しています。

2019年4月に中古車検索サイトで調べたところ、30万円以下のアトレーはなんと、698台でした。

スズキエブリイの中古車例

年式2005年
走行距離92,000km
排気量660cc
車両価格29万円
その他ターボ付
1オーナー
ETC


3.ホンダバモス

ホンダバモスは、1970年より販売されているホンダを代表する箱型タイプの軽自動車です。おすすめは1999年以降のバモス。
乗車定員は4名ですが、箱型タイプなので十分な室内空間があります。

ホンダバモスで車中泊を楽しんでいる方の多くは、こちらも後部座席部分をフルフラットにして収納やベッドをDIYで設置しています。

2019年4月に中古車検索サイトで調べたところ、30万円以下のバモスはなんと、557台でした。

ホンダバモスの中古車例

年式2009年
走行距離136,000km
排気量660cc
車両価格26万円
その他キーレス
ETC

4.ホンダステップワゴン

ホンダステップワゴンは、1996年より販売されているホンダを代表するミニバンです。
乗車定員は7名、または8名の設定があり、8名の方がフルフラットが実現するので車中泊にはお勧めです。

軽自動車とは違い、排気量が2000ccもあるので高速運転も非常に楽です。

ホンダステップワゴンで車中泊を楽しんでいる方の多くは、こちらも後部座席部分をフルフラットにして収納やベッドをDIYで設置しています。

2019年4月に中古車検索サイトで調べたところ、30万円以下のステップワゴンはなんと、716台でした。
ちなみに筆者も以前はステップワゴンオーナー(RF3)でした。

ホンダステップワゴンの中古車例

年式2001年
走行距離33,000km
排気量2000cc
車両価格20万円
その他電動ドア
キーレス

5.トヨタヴォクシー

トヨタヴォクシーは、2001年より販売されているトヨタのファミリーカーとして代表的なミニバンです。
乗車定員は7名、または8名の設定があり、8名の方がフルフラットが実現するので車中泊にはお勧めです。

軽自動車とは違い、排気量が2000ccもあるので高速運転も非常に楽です。

トヨタヴォクシーで車中泊を楽しんでいる方の多くは、こちらも後部座席部分をフルフラットにして収納やベッドをDIYで設置しています。

2019年4月に中古車検索サイトで調べたところ、30万円以下のヴォクシーは、565台でした。

トヨタヴォクシーの中古車例

年式2002年
走行距離21,000km
排気量2000cc
車両価格27万円
その他ナビ
パワースライドドア

6.トヨタノア

トヨタノアは、2001年より販売されているトヨタのファミリーカーとして代表的なミニバンです。
ヴォクシーと姉妹車となっていて、ヘッドライトやテールランプ周りや新車の場合では販売店の違いがあります。

乗車定員は7名、または8名の設定があり、8名の方がフルフラットが実現するので車中泊にはお勧めです。

軽自動車とは違い、排気量が2000ccもあるので高速運転も非常に楽です。

ノアとヴォクシーのヘッドライトやテールランプ周りの好みで選ぶ方が多いようです。

2019年4月に中古車検索サイトで調べたところ、30万円以下のノアは、429台でした。

トヨタノアの中古車例

年式2006年
走行距離24,000km
排気量2000cc
車両価格26万円
その他ETC
パワースライドドア

7.日産セレナ

日産セレナは、1991年より販売されている日産のファミリーカーとして代表的なミニバンで、トヨタのヴォクシーやノアと同等クラスの排気量2000ccです。

乗車定員は7名、または8名の設定があり、8名の方がフルフラットが実現するので車中泊にはお勧めです。

2019年4月に中古車検索サイトで調べたところ、30万円以下のセレナは、733台でした。

日産セレナの中古車例

年式1999年
走行距離25,000km
排気量2000cc
車両価格19万円
その他ETC
パワースライドドア

8.トヨタアルファード

アルファードで車中泊

トヨタアルファードは、2002年より販売されているトヨタの高級ミニバンです。

乗車定員は7名、または8名の設定があり、8名の方がフルフラットが実現するので車中泊にはお勧めです。
ちなみに筆者は、先日までアルファードオーナーでした。

2019年4月に中古車検索サイトで調べたところ、30万円以下のアルファードは、733台でした。

トヨタアルファードの中古車例

年式2004年
走行距離50,000km
排気量2400cc
車両価格30万円
その他ナビ
ETC
バックモニター
パワースライドドア

9.三菱デリカスペースギア

三菱デリカスペースギアは、1994年より販売されている三菱の四駆タイプのミニバンです。

乗車定員は7名から10名の設定があり、8名以上がフルフラットを実現できるので車中泊にはお勧めです。
また、力強い四駆では雪道でも突き進むことができるので、冬の車中泊やアウトドア好きには適しています。

2019年4月に中古車検索サイトで調べたところ、30万円以下のデリカスペースギアは、21台で非常に少ないです。

三菱デリカスペースギアの中古車例

年式1997年
走行距離50,000km
排気量3000cc
車両価格30万円
その他四駆

10.日産エルグランド

日産エルグランドは、1997年より販売されている日産の最高級ミニバンです。

乗車定員は7名から10名の設定があり、8名以上がフルフラットを実現できるので車中泊にはお勧めです。

2010年以前の二駆はFRだったため、雪道に弱い部分があったようですが、力強いパワーがあるので大人5名乗車しても快適に走行できます。

2019年4月に中古車検索サイトで調べたところ、30万円以下のエルグランドは、226台で非常に少ないです。

日産エルグランドの中古車例

年式2001年
走行距離35,000km
排気量3500cc
車両価格26万円
その他サンルーフ
本革シート
ETC
ワンオーナー

個人的に車中泊で乗りたい車

車中泊歴10年以上の私がおすすめしたい、車をご紹介していきます。

車中泊が楽しくなってくると、寝具グッズや調理グッズはどんどん増えてきます。
そんな、グッズがスッキリ収納できて移動時や就寝時も快適に過ごすことができる車をご紹介します。

排気量は2000ccあった方が良い

これまで車中泊してきた中で移動時の快適性がすごい気にします。
私の場合、車中泊するときのほとんどが高速道を利用しての移動でしたので、排気量は2000ccあった方が移動時が楽です。

660ccの軽自動車でも良いのですが、長距離移動のシートの座り心地なども考えると2000cc以上あった中古車がおすすめです。

フルフラット時の快適性

シートを倒した時のフルフラットも気にします。フルフラットと記載されていたとしてもお尻と腰の間部分が段差となっていて、ゆっくり就寝することも難しいこともあるからです。

フルフラットにした時に段差をなくすためにクッションを置く方法もありますが、荷物が増えます。

荷物を増やさないためにもフルフラットで寝れるようなタイプの中古車がおすすめです。

私が一押しする車中泊向け中古車

このような条件からコスパが良い中古車の中から、ホンダステップワゴンをおすすめします。

排気量は2000ccクラスで十分なこと、そしてフルフラットも可能でコスパが良いです。
中古車検索サイトをみてみると、100万円以内で648台もヒットしました。(2019年4月)

ホンダのエンジンは強く壊れにくいといわれています。
そのためか、私が乗っていたステップワゴンもオイル交換などの定期的なメンテナンスをして23万キロまで走ってくれたほどです。

室内もシンプルな空間となっているので、収納スペースを作ったりDIYしやすいです。

ここまで読んでいただいた方で中古車選びに悩んでいるのなら、迷わずステップワゴンにしましょう。

中古車購入時に気になってしまう自動車税

超激安で中古車を購入できたとしても、毎年支払わなければいけないのが、自動車税です。

自動車税は、排気量で支払う金額が決まっています。

例えば、排気量3000ccクラスの高級ミニバンを10万円で買った場合、51,000円/年となりますが、乗用タイプの軽自動車(排気量660cc)を18万円で買った場合、10,800円/年なので2年間乗るとほぼ同等となるのです。

10万円のミニバンと18万円の軽自動車を2年間所有した場合

  • 排気量3000ccのミニバン:10万円+(51,000円×2年)=202,000円
  • 排気量660ccの軽自動車:18万円+(10,800円×2年)=201,600円

このように長期間所有していると、自動車税を毎年支払うことになるので、税金についても考えて中古車を購入するようにしましょう。